2019年05月23日更新

簡単で安い!真鍮リングの作り方や必要な材料

この記事をシェアする

リング

真鍮リングの作り方をご紹介します。金のような輝きを持ち、低価格で丈夫な真鍮アクセサリーは最近人気で、自作する人やハンドメイドアクセサリーショップに出品する方も多いですね。

スポンサーリンク

真鍮リングの材料

【必須材料】

  • 真鍮板(厚さ0.8~1.0mm程度)
  • カッター(プラスチックカッターがおすすめ)
  • 金属ヤスリ(成形用に粗めのモノ)
  • 紙ヤスリorスポンジヤスリ(仕上げ用)
  • 芯棒(指輪成形用)
  • バーナー(なまし用)
  • プラスチックハンマー
  • フラックス
  • ロウ剤

【あればなお可】

  • 糸鋸(いとのこ)
  • リングゲージ
  • ボンプロ(酸化膜防止)
  • ディクセル(酸化皮膜除去)

真鍮リングの作り方① 材料をカット

真鍮板

まずは真鍮板をカットします。今回は幅5mm、厚さ0.8mmのリングを作ります。初めての方は加工しやすいようなるべく幅狭で、薄めのものからスタートすると良いかも。

カットする長さは指の内周より5mm程度長めに切ります。内周はリングサイズの計り方を参考にしてください。

真鍮板をカットするコツ

マジックで線を引き、その上をカッターでなぞるように切り込みを入れていきます。普通のカッターでも可能ですが、プラスチックカッターの方が切りくずを押し出しながら削れるのでおすすめです。切るときはいきなり力を入れず、徐々に深く削るようにします。※刃折れに注意!

プラスチックカッター

先端

また表を少し削ったら次は裏からも削るようにするとなお良いです。ある程度削ると手でパキっと折れるようになります。※途中まで削った後、溝に沿って糸鋸で一気にカットするのもあり。

ちょっとアレンジ。真鍮リングに銀(シルバー)を挟む

材料

さて、今回は真鍮の他に銀をアクセントに使用してみます。※真鍮のみで作る場合、この工程は飛ばして下さい。

同じ厚さの銀板を1.5cmにカットし、幅をあわせます。

真鍮板をカットし、長さを調整します。※この段階ではきっちり長さを決めず、ある程度(5mmほど)遊びを持たせておきます。

真鍮と銀

真鍮リングの作り方②真鍮と銀をろう付けする

※真鍮のみで作る場合この工程は飛ばして下さい。

ろう付け

真鍮と銀板をろう付け(溶接)します。綺麗にろう付けするコツは

  • 素材に付いた油分を洗剤などで取り除く。
  • フラックスを使用し酸化皮膜ができるのを防ぐ。ボンプロとの併用がおすすめ。

の二点です。

フラックス今回は早ろう(作業温度620度、銀含有量50%)を使用しました。真鍮は温度が上がりにくいので、まず真鍮部分をバーナーで十分温める必要があります。

ロウが上手く流れたらりゅう酸やディクセルに漬け、酸化皮膜を除去しましょう。

ヤスリがけ

↑表面を軽くヤスリがけします。銀と真鍮が馴染んでいるのが分かりますね。

後はリング状に整形していきます。

真鍮リングの作り方③:指輪状に成形

サイドの加工

今回は両サイドをフック状に加工して噛みあわせるリングにします。この段階で素材の長さをリングの内周に合わせてカットしておきます。

両サイドをフック状に加工したら滑らかになるようヤスリがけします。

真鍮指輪の作り方

芯棒とプラスチックハンマーを使用しリングを丸めます。金属は圧力を加えると硬化する性質があるので、叩いている内に固くなって成形しづらくなります。

この場合バーナーで加熱し(ロウ剤の溶けに注意)、すかさず水に着ける事で再度軟化します。先ほどの銀と真鍮のろう付けが甘い場合、硬化したまま作業すると溶接した境目から割れる恐れがあるので注意が必要です。

磨く

上手く成形出来ました。あとはヤスリで綺麗に磨いていきましょう。ヤスリがけのコツは目の粗いものから細かいものへと段階を踏んで磨くことです。

指通りを良くするためリングの内側の角に角度(R)を付けます。さらに外側にもRをつけると見た目が柔らかい雰囲気になります。

リング

完成!真鍮の金色とシルバーの銀色のコントラストが綺麗ですね。材料費は500円程度なので、ハンドメイドアクセサリーに興味がある方はぜひ挑戦してみてくださいね。

→WAXで作成|シルバーリングの作り方や必要な道具